ようこそ! 「子供の進路は学歴重視で」へ

子どもの進路に心配なこと

どうしても、わからないことは誰にだって発生するものです、だからこそそれを一緒に解決してくれる人がいると心強いですね。この辺のことは子どもの進路を考えている親には不満でしょう。もしくは、わからないことを講師に知られたくないという思いから質問が出来ない人もいます。こうして質問に応じてくれる体制を携えている予備校は良いです。それでも、講師に質問できない生徒も中にはいます。

面倒見の良いという予備校は、講師が生徒の質問に答えられます。質問したい時に出勤でなかったりもします。予備校のフォロー体制を比較すると良いでしょう。大学生なので、やはり予備校でのアルバイトより自分の生活の方が優先になってしまうこともあります。質問があると言っても何を質問したいのかさえもわかっていない場合には、学生の指導員の方が、話がしやすいのでしょう。

どちらが良いのかわかりません。また、その体制をきちんと取れるかという面です。予備校に子どもの進路を任せる為に親が必要としているのは面倒見の良さという面が一番であります。そんな人の為に最近では講師よりももっと生徒に近い存在になれる大学生を相談役として配置している予備校もあります。それにもデメリットもあります。

質問事項を整理して行かないと怒る講師も中にはいるらしいです。受験の関しての質問はそれに関係している人でないとわからないのです。でも、学生の指導員だとそんな気もそんなに使わずに気軽に質問へ行けます。質問も何をどう質問して何を知りたいのかをきちんと把握している人は講師のアドバイスの方が確実の様に思います。予備校側も消費者が必要としているものは承知しているので、向上を求めてフォロー体制の強化を実施しています。


子どもの進路に対して思うところの関連サイト・ブログを紹介します。

ストレスチェック
親の不安をおしつけないで! 子どもの進路について、コミュニケーションがとれない、 ... 死や老化に対して、漠然と恐怖がある ... こんな人じゃなかったのに、とよく思う お互いの“今”を理解して! 子どもの手が離れ、親の介護 ...
www.kds946.com/kids/page013.html

日本弁護士連合会 - 子どもの権利条約に基づく第1回日本政府報告 ...
そして、1996年2月23日、当連合会子どもの権利委員会が外務省に対して問い合わせをしたところ、同省は、〓については、現時点(1996年2月)において、各省庁より提出された政府報告案の各担当分の集約が終わり、政府報告案の素案ができたところであるとの ...
www.nichibenren.or.jp/ja/kokusai/

やまたんNews: 2007年11月 アーカイブ
「寮長として役目を果たせたのか疑問に思う点は多々ありますが、寮長になったことで ... 主として、実習後の課題、幼稚園教諭として求められること、子どもの遊びの ... 「総合学習」の学年統一テーマ「進路に向けて」の中で、本学の概要や学科、入学試験など ...
www.yamagata-jc.ac.jp/news/2007/11