ようこそ! 「子供の進路は学歴重視で」へ

子どもの進路にも関係する予備校の実態

誰もが感じている様に少子化は大きく進んでいます。ほとんどの受験生が合格して入学している現実があります。それにくらべ、2008年は進学率が55%になり、入学率が90%となっています。高等学校、地方塾などに配信して利用しています。それも、それぞれの予備校を守る為に・・・予備校の生き残りとして様々な策がありますが、通信衛星での授業も当てはまります。予備校の主な収入源は浪人生のコースになります。

生徒数も8万人から2万人になったと言われています。生の授業ではその都度の質問が可能であるとメリットもあり、現役の学生を重点においているようです。最近ではオンデマンドを使って瞬間的に受けたい授業をだせる様になりました。講師のリストラもあり、給料もここ何年も据え置きが続き、ボーナスも少なく、意味も無く地方への講師移動などを繰り返している、厳しい現状です。子どもの進路は親と子どもの考えを一致させた方が良いのでしょう。

前にも述べた様に浪人生が減ってしまっているので仕方ないですね。なので・・・ピークの時から比べると3分の1以下になっています。1992年は18歳の人口がピークでした。進学率40%、入学率約65%という中で浪人生は29万人を超えています。河合塾は生の授業を大切にしています。

最近の保護者の意見も子どもの進路に関して求めるものも様々だと思いますが、個別指導が人気ある様です。今は予備校の職員と講師は不遇に耐えて受験生を合格へ導く様頑張っているわけです。代々木ゼミナールは自前の衛星回線を利用してサテラインという名前でやっています。河合塾でもサテライト授業を行っていますが、代々木ゼミナール程には力を入れていないです。各予備校では経営も厳しい状態が続いています。


子どもの進路と予備校の現状の関連サイト・ブログを紹介します。

[調査]子どもの教育にどれだけお金をかけますか?【Benesse ...
仕方がないとは思うがずいぶん格差があり、子どもの進路まで親の収入格差が大きく影響していると ... 公立校や私立校の現状を踏まえると、公立中高一貫校には ... 費用がかかると言われますが、公立に行って予備校に行くの大差ありませんよ。
benesse.jp/blog/20060927/p1.html

高校入試の現状
高校入試の現状 〓.はじめに 高校への進学率は今では96.9%となり、ほぼ全員が中学卒業後の進路に高校 ... のは塾の先生とされている。進路を考える際も学校の先生の話しよりも塾や予備校の ... のストレスの軽減になり、親がいかに援助者として子どもに接 ...
www.saitama-u.ac.jp/isido/hokokusyu/2002/ikeda.htm

ブログ 海外&帰国保護者のサロン 「ピアーズ@関西」
〒612〓0071 京都市伏見区桃山井伊掃部東町16 日本語を母語としない子ども達の進路について、進路情報が提供されます ... の深い先生方がよく口にしていらっしゃったのは、「海外でも地域によって塾が整備されているところと、殆ど無いところでは、子どもの ...
peerskansai.blog85.fc2.com