ようこそ! 「子供の進路は学歴重視で」へ

子どもの進路と地域性について

デメリットもある地元の予備校ですが、メリットもありますので、何が必要かを考えて予備校を選んでいただきたいです。一番評価されるのは地元の大学に対して分析に優れているところです。デメリットになりますが、地元密着の予備校は全国規模にはならないので入試の分析が明確ではないです。たとえば、講師の担当が英語の場合に、生徒の苦手科目が別の科目で数学だった場合にはアドバイスはどの様にされるのでしょうか?その都度の生徒に必要の無い英語のアドバイスしか出来ません。メリットは、規模も大きくないので、アットホームな雰囲気で生徒に対して面倒見が良いです。また講師が進学についての指導と授業を行うと講師の担当意外はどのように対応されているのかが疑問なところです。

大手の全国展開している予備校とは違い、地元に密着した予備校もあります。他には実際に学習意外での注意点としてあげるとすると、予備校が学校法人かどうかということです。そういった予備校は地元密着型の予備校と大手の予備校の良い所を両方持ち合わせています。なので、地元の大学以外を目指している受験生には不利な面が多いかもしれません。その逆で予備校が株式会社であった場合には通勤定期になります。地元に密着している予備校には学校法人でない場合がありますので注意が必要です。

地元の予備校の中には3大予備校などの大手予備校と提携している場合もあります。学校法人である場合のメリットは通学に関して公共交通機関で通学定期や学割扱いになります。また、講師が生徒との距離が近く、個人の学習状況と性格を把握しています。学割が利かないので金銭的な面ではデメリットでもありますね。良く考えて予備校を選ぶべきですね。そういった点は無駄な時間になってしまいます。

子どもの進路を真剣に思う親からすれば安心な事ばかりです。地元大学の対策を考えれば評価の高い予備校もあります。子どもの進路の先には金銭面から行き先に至るまできちんと考えないと後々後悔することも多いと思います。そういった点から多くの地元予備校では3大予備校などの全国規模で行っている模試を取り入れています。ただ、模試について大手予備校の様にオリジナルの模試を行っているところもありますが、規模が小さい為に正確なデーターとは言えないようです。生活面に一人ひとりアドバイスが出来ます。


子どもの進路と地域の関連サイト・ブログを紹介します。

親と子どものためのキャリア塾
私も2児の母ですが、子ども達のためにも、母親自身が自分の職業観を持つことの大切さを実感したレポートです。 第3回「高校生と保護者の進路に関する意識調査」(pdf) ... 経済産業省委託事業 | 地域自律・民間活用型 キャリア教育 ...
edublog.jp/career_edu

福岡工業大学|受験生の方へ|保護者・教育関係|知っておきたい ...
進学のトラブルを避けるための基本は、早い時期から子どもの進路について関心を持つこと。早めに子どもと夢や目標 ... 費用の平均額は17 770円ですから、自宅外生の82 500円はその5倍弱といえます。東京の場合は9万円を超えており、最も少ない地域とは2万 ...
www.fit.ac.jp/fitpress/hogokyouiku/kokoro.html

1 子どもの権利に関する実態・意識調査
... やや思う」と答えた子どもが68.2%であり、特にニュ〓カマ〓の子どもでは77%と高い。 i 地域への発言 ... に合った学校への進学を断念せざるを得ないということであり、子どもの将来の進路に多大な影響を与える虞がある。 また、いじめの原因の一つと ...
www.city.kawasaki.jp/25/25zinken/home/kodomo/