ようこそ! 「子供の進路は学歴重視で」へ

子供の進路に大切な進学予備校の選択

子どもの進路に心配なこと

どうしても、わからないことは誰にだって発生するものです、だからこそそれを一緒に解決してくれる人がいると心強いですね。この辺のことは子どもの進路を考えている親には不満でしょう。もしくは、わからないことを講師に知られたくないという思いから質問が出来ない人もいます。こうして質問に応じてくれる体制を携えている予備校は良いです。それでも、講師に質問できない生徒も中にはいます。 面倒見の良いという予備校は、...

子ども進路に重要なこととは

本人も子どもの進路に関わる親もじっくり見てチェックしましょう。わからない所をそのままにしておくことが一番駄目なことだからです。テキストの優れた内容よりも、それを使って授業を行い講師がいても、レベルが合わなければ意味が無いのです。予備校には講師が当然います。生徒全員に聞こえやすく、わかりやすい口調で、生徒の理解度を確認しながら授業を進めていく講師が適しています。講師のいない予備校は成り立ちません。...

子ども進路に予備校は必要

大学を受験するという進路を選択した場合、多くの受験生が利用するであろう予備校。完全な個別指導と人数制のクラス指導の両方を持っています。予備校って有名なところからいろいろあると思うけど、行きたい大学や勉強の仕方、ペースによって選ぶべきです。早慶外語ゼミ・・・特徴として指名制の授業が面白いのでしょうか、授業中に次々を質問が講師から飛んでくる、また学力別のクラス編成になっています。入学してから入試まで...

子どもの進路にも関係する予備校の実態

誰もが感じている様に少子化は大きく進んでいます。ほとんどの受験生が合格して入学している現実があります。それにくらべ、2008年は進学率が55%になり、入学率が90%となっています。高等学校、地方塾などに配信して利用しています。それも、それぞれの予備校を守る為に・・・予備校の生き残りとして様々な策がありますが、通信衛星での授業も当てはまります。予備校の主な収入源は浪人生のコースになります。 生徒数...

大手予備校を選ぶ時は歴史も参考に

河合塾の本部は名古屋になります。設立の時にさかのぼって見たいです。子どもの進路を考える上で情報の一つとしておくのも良いものです。駿台を同じように浪人生の為に設立されたようです。陸軍大尉であった人が戦後にビジネスを考え商売をしていましたが、何をやっても上手く行かない中自分の子供がいざ大学受験を目の前にして予備校が定員以上に人が集まるのを知り、商売になると感じたところから始まった様です。3大の予備校...

子どもの進路と地域性について

デメリットもある地元の予備校ですが、メリットもありますので、何が必要かを考えて予備校を選んでいただきたいです。一番評価されるのは地元の大学に対して分析に優れているところです。デメリットになりますが、地元密着の予備校は全国規模にはならないので入試の分析が明確ではないです。たとえば、講師の担当が英語の場合に、生徒の苦手科目が別の科目で数学だった場合にはアドバイスはどの様にされるのでしょうか?その都度...