ようこそ! 「子供の進路は学歴重視で」へ

子どもの進路をお茶の水ゼミナールに託す

お茶の水ゼミナールでは授業内で一般入試にも多く出題されている小論文を対策していくので予習が不要です。お茶の水ゼミナールでは講師が一人ひとりを把握しています。講師がきちんと見守っている中での授業は気を抜けません。保護者としては、子どもの進路を考える上で予備校の費用は気になるものです。志望大学と自分の力の差がわからないと不安になるのです。そこから確実に解けるという成果を得ていきます。

入試の直前まで一人ひとりをサポートして最後まで力を伸ばします。学校行事等で忙しい高校生にも便利です。診断を元に志望大学に合格する為に必要なことが明確に出てきます。大人数で講義を受けていると生徒一人ひとりの理解とは別に内容だけ進んでいくので質問があっても言いにくい。大人数の予備校では出来ない、一人ひとりに対しての個別指導でベストな勉強方法をアドバイスしてくれます。お茶の水ゼミナールでは4週間ごとの単位で良心的な受講費になるので、安心です。

お茶の水ゼミナールの特徴をあげてみようと思います。授業の振替制度もあります。また、少人数制のクラスだと仲間は良きライバルになります。解き方と教えるというよりも解けるかどうかというところを重視しています。良いライバルとは良い意味で競い合っていき、学力を高めていけます。子ども進路で悩む親にとっても満足です。

少人数制で緊張感・安心を忘れられます。現役生だけが毎日使える自習室もあり、既卒生がいて順番待ちが大変ってことはないです。お茶の水ゼミナールには難関大学に合格するシステムがあります。今更聞けないと思っているような課題にも対応してくれる指導があり、合格に繋げると同時に学校での成績も上げます。現役合格した人も、最初から成績が良かったわけではない、確実に力をつける仕組みが大切だと考えています。お茶のゼミナールではベネッセコーポレーションの母体による模試が行われ実力判定に欠かせません。


お茶の水ゼミナールと子どもの進路の関連サイト・ブログを紹介します。

無題
... 著/町村敬志・好井裕明訳『実験室としての都市―パーク社会学論文選―』お茶の水書房 ... 課題と親の教育観―NPO法人『子どもの国』を事例として ... 中学生のための進路説明会 4. 広いテーブルをもつ 5. ボランティアとの連携 6.
www.geocities.jp/kyouseinagoya/Seminar.html

国立大学独立行政法人化の諸問題: 意見広告の会ニュース Archives
そこで,都内の大きなx駅周辺 (そこは予備校激戦地区とも呼ばれる) において,複数 の予備校を訪問し,進路相談担当の事務員に今冬の首都 ... 外すと言うことです」と回答 しました。 「子どもの人権埼玉ネット」の意見書 (これの2に記載されている問題 ...
www.ac-net.org/dgh/blog/archives/cat_oinee.html

臨床心理士指定大学院予備校なら中央ゼミナール 心理系大学院 ...
中央ゼミナール心理系大学院コース合格者インタビューのページです。 ... 臨床に進もうと思っていますが、その思いを強くしてくれたのが子どもたちと ... を読むことを通して、曖昧な考え方で進むのではなく、自分の進路 ...
chuo-seminar.ac.jp/psychology/interview