ようこそ! 「子供の進路は学歴重視で」へ

子どもの弱点を把握して、子どもの進路を考えよう

子どもの弱点を把握して、子どもの進路を考えよう は、子供の進路のことを考えている親御さんにとって、予想していた以上にとても大切なことかもしれません。

結局、苦手科目をそのままにしてしまった理由はわからないからやるのが面倒になってしまい、やっていても面白くないということでしょうか。模試を受けて解答と解説をもたえるので、答え合わせをします。ただ、苦手分野というのは意外と周りの人達も苦手という傾向があるそうです。避けて通らず、苦手だからこそ頑張るべきです。子どもの進路の為に効率良い時間の使い方を親が進めてあげるのも方法ではないでしょうか。

思うように勉強が進まない時や成果が上がらない時には見直す時間も必要とすることです。間違えた問題に注目です。逆に苦手な問題が多く出題されることも十分にありえます。逃げていても結局はどこかで現実を見ないといけないですね。苦手を上手に合格へ繋げましょう。

取り組んできた勉強内容と成績を反省して、それを活かすことです。間違えた箇所をそのままにしないで、きちんと把握すること。そして、好きな科目ばかりに時間をかけていくが出来るものにいくら時間をかけても同じことの繰り返しなだけです。そんな問題だからこそ結構出題されています。入試には好きな問題ばかりが出題されるわけではない。

どれだけ、シンプルに時間を使えるかが大切な時に、なぜ、時間ばかりを消費してしまうのか?それはきっと苦手科目を理解していないからではないでしょうか。同じ受験校に同じ様に合格しても勉強時間にしてみると大きく違いが出る場合があります。だから、苦手を克服する為に時間を使うのは合格へ繋がるのです。出題される傾向の強い問題で不得意とする問題を探す方法として、模試を受けることがお勧めです。間違えを繰り返さない為に復習です。


子どもの進路と子どもの弱点の関連サイト・ブログを紹介します。

7年間連続の同一問題による小6年算数・国語学力テスト
その後の進路の追跡調査も継続して行っています。 2002 年度は ... 学力の差の拡大の原因は、本人の学習意欲や保護者の皆様の子ども達への関わり方に大きく関係しています。これに関しては、学力と共 ... 春・夏・冬の講習においては、積極的なご参加を頂き弱点 ...
www.asa-g.net/6gakuryukutest.htm

京都子ども勉強会・実践報告のページ
そうした弱点を補うために勉強会では、子どもたちの地域・学年を超えた人間関係づくりをめざしている。 ... の学習も子どもたち自身の作成によるアンケートのまとめを資料として討論がすすめられた。ある合宿では、進路についてのディベートが子ども ...
www2.odn.ne.jp/~chn63710/benkyokai/jissen.html

2002〓12〓
(2)近所の子どもと、何かにつけて比較してしまう。自分の子どもだけができが悪く、また問題 があるように見える。 (3)ほかの親たちと話をしていると、いつも不安になる。「子どもの将来はどうなるか」と考える
www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page312.html