ようこそ! 「子供の進路は学歴重視で」へ

子どもの進路を考える

子どもの進路を考えるについて、わかりやすく解説します。多少の専門的な用語も混じっていますが、子供の進路を考える上では、とても重要なことですから、読み飛ばさないで、ゆっくりと読み返してみることをおすすめします。きっとあとで、知っておいてよかったと思う時が来るでしょう。

授業の形態はスタジオでの収録になります。コンテンツの充実から利用のサービス面で差が出ているようです。それよりもサービス面での差があります。しかし、高校には評価は高くて高校では採用も多く取れているので、代々木ゼミナールと競っています。以前、個別ブースで、ビデオで再生して見るという感じでしたが、今はオンデマンドでパスワード入力システムになっていますので進化しています。代々木ゼミナールと東進ハイスクールでは通信衛星による授業を積極的に行っています。

コンピューターグラフィックスを用いて、実験の様子も流しています。そういったことにより、子どもの進路に重要でもあるので、受験生は代々木ゼミナールから東進ハイスクールへ動いた講師を目的に東進ハイスクールへ通う人も多いです。東進ハイスクールでは、スタジオ収録して全国の塾、高校への販売になります。教室では実験は出来ないので、工夫も凝らしてあってわかりやすいということで好評です。ただ、NTTレンタク回線での授業だったので、チャンネル数も少なくて代々木ゼミナールや東進ハイスクールに比べると劣っているものになりました。河合塾は生授業に重点を置いていますが、実は代々木ゼミナールよにも早く通信衛星授業を取り入れていました。

河合塾はいつでもサテライト講座という名で個別ブースにてDVD受講も出来ます。そんな検討もあるのではないかと思います。全国の塾に東進衛星予備校として個別ブースで受講できる様に提供しています。また、その通信衛星での授業を個別ブースなどで自分の都合に合わせて受講できるフレックス・サテラインというものあります。その予備校によっても通信衛星授業には差があります。共通のメリットとしては自分の都合に合わせて受講できるという点ではないでしょうか?。

代々木校での授業を生中継か録画で全国の各校もしくは地方の塾、高校へ配信しています。通信衛星授業に関してどこの予備校が良い悪いはそんなにたいしたことではなかったりします。子どもの進路には通信衛星授業という選択もあります。大手の予備校には通信衛星によって授業を行っています。塾などへ配信もやっているのですが、契約数は圧倒的に少ないようです。東進ハイスクールは、代々木ゼミナールから看板である講師を引き抜くと同時に、通信衛星授業に関しても入手しているようです。


子どもの進路を考えた時の関連サイト・ブログを紹介します。

子どもと私と〓インタビュー〓〓文部科学省
Q どのような子ども時代を過ごされたのですか? A 幼稚園には3年間通って ... A 最初は舞台をやりたくて役者になりたかったのですが、高等学校を卒業して、進路を決める時に両親に ... ばれば、いずれこの仕事で食べていけるかなと現実的に考えたの ...
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/youji/watasi/number/

第2章 川崎市における子どもの参加の現状と課題
また、主体的に参加し、自分で考え、考えたことを自分の言葉で伝えたり、 行動するということを繰り返すなかで、子どもは ... を各園に提示し、運営方針を策定する時 の重点項目の一つに「子どもの ... が大切である。 施設運営や子どもの進路などへの子どもの ...
www.city.kawasaki.jp/25/25zinken/home/kodomo/

フリースペース・親の会
6 中3の親の会(中3の子どもの進路を考える親の会)をその時期になると月一回 ... 毎週月、火、木、金曜日の4日間、午前10時〓午後3時まで、子どもの研究所にて開苑 ... 「己の欲するように他人(ひと)に施せ」と考えたのが間違いでした。私達大人は ...
homepage2.nifty.com/ikk/oyanokai.html