ようこそ! 「子供の進路は学歴重視で」へ

子どもの進路を考えた時の精神状態

子どもの進路を考えた時の精神状態 のページをお越しくださりありがとうございます。子供の進路に、そうだったのかと、ぜひ知っておいていただくと後で為になり、いざという時には何かのお役に立つかもしれません。

模試の結果を見て面談もしてくれます。それが当たり前です。お互いに励ましあい、時にはライバルにもなると思いますが、プラスな存在になる友情が出来ます。高い授業料を払っているのですから、どんどん利用しましょう。希望の進学先が適切なのかを判断してくれます。

質問へ行って得があっても損はないと思います。わからない所がないなんて人はいません。チューターの立場では残念な気持ちも少なからず出てきます。予備校に来ているということはわからない所も持っているはずです。講師との関わりも授業だけで終わらせないで、授業や問題でわからない所を個人的に質問しに行くことも大切です。

たまに、出願先を勝手に決めてしまう生徒もいます。チューターは進学の指導を行います。講師に質問しに行くのに抵抗のある人もいるのです、わからないということを恥かしいと感じているのです。相当の自信があっても合格するまではそれなりに精神状態はぴりぴりしているのではないでしょうか?浪人時代には友達は作りませんと言い切る人も中にはいますが、友達がいない状況で本当に受験を乗り切れるのでしょか?そんな考えも個人の自由としか言えませんが、子どもの進路の生活を常に見守る親にとっても心配なところです。同じ目的を持つ受験生、そんな受験生同士の関わり合いもあった方がつらい受験生を乗り切れるのではないでしょうか?それでも人との繋がりを必要としない人は個別指導が良いかもしれません。

例えいたとしたら、そんな人は予備校にはいないでしょう。また、予備校には受験という大変な時に出会えた存在です、強い絆で結ばれる友達も出来ます。今後の方針もアドバイスしてくれます。受験生は精神的にも本番に近づくにつれ追い込まれていくと思います。子どもの進路の為にも親も何か良い存在になると良いです。


子どもの進路の精神状態の関連サイト・ブログを紹介します。

〓、教育法とは何か
子どもの権利条約を中心に据えて 1969 年国連は「児童の権利 ... 自家用車の普及や交通の便利さ、住宅事情の悪さなど今日これは無理な注文かも知れないが、 少なくともこういう精神で、学校生活 ... が敗戦をもって終わった 1945 年 8 月 15 日を境に、一種放心状態の ...
www.c-able.ne.jp/~iso-ken/kyoiku.htm

ゆうりさんへ - 子どもの広場 - 楽天ブログ(Blog)
あなたは今、「わざわざ母の精神状態を悪化させるようなことはしたくありませんが、父 ... ご両親がそれなりに動いてくれるかどうかは、ご両親の決めることで、子どもにはどうすることもできない点もあります。けれどもあなた自身の大事な進路や将来は ...
plaza.rakuten.co.jp/fpicbbs/diary

からだの不自由な人の明るい性生活
出産のあとで知らされた事実は、母親がまだこの種のショックに対応するのに必要な精神の安定した状態ではない ... 常に子どもの能力の範囲内から始めよ 運動機能が不自由なばあいは ... 建築物にある各種の妨柵が、これらの若い人の進路をはばんでいる ...
www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/rehab/r009/