ようこそ! 「子供の進路は学歴重視で」へ

高校生の進路、親も子ども進路を考えよう

高校生の進路、親も子ども進路を考えよう について、子供の進路を考える時には意外とこういうこともあるのかと思う部分がありますから、概要だけでも結構ですので、記憶にとどめておくといいですね。

進路は人生の大切な岐路です、じっくり考えてみたいですね。しかし、実際にはこのような取り組みも進路の選択の際に大きなサポートにはなっていない可能性もあります。進路の選択をするときに影響した要因には次のようなものが経済産業省の委託調査より上げられています。学習内容と指導方法の再検討が必要です。高校生の進路の選択には進学か就職に分かれています。

最近の世の中ではフリーターやニートと呼ばれる人が増え、若年者雇用の問題が大きい。次に「得意な科目」、「希望している職業」と上がっています。また、大学に進学するからといってもまったく就職のことを考えずにいても、学部の選択のミスにも繋がります。子ども進路を考える親は中等教育の段階から職業に対しての意識を持たせていく必要性があります。子ども進路を子どもと親とできちんと話しておくべきです。

一番の選択は受験する大学になります。どちらかに決定したあとは、大学へ進学するならば文系か理系の選択をして、その上専攻したい学部や学科も選択します。高校を卒業後すぐに就職を考えていても、高校在学中からきちんとした職業への関心を高めて目標を定めることが大切です。ある程度の目標を進学にしろ就職にしろ、持っていた方がいいですね。そんなことから、進路学習・職業教育・キャリア教育などが一般的に盛んになっています。

確かに興味や関心が無いことを進路に組み込んでもそれではただ目的の無い人になってしまうように感じます。苦手な科目を考慮した人も少なくは無いようです。大学進学にしても大学に行く事だけが目標にならないように、先のことを見据えて大学卒業後の職業のことを考える必要があります。得意な科目・苦手な科目・興味や関心をもっていること・希望している職業委託調査によると、上記のうち、「興味や関心をもっていること」が一番の要因になっている様です。


高校生進路、子ども進路を考えるの関連サイト・ブログを紹介します。

進路探索ナビ | 通信制高校・サポート校の学校探索サイト
通信制高校・サポート校など学校探索ポータルサイト“進路探索ナビ”! ... 通信制高校に出さなければいけないレポート学習の勉強をみてくれる、通信制高校生 ... 15歳からの進路を考える。学校探し総合サイト!進路探索ナビ 広告掲載について - ...
www.gakusoken.com

キャリア教育の推進
職場体験に行って、進路のことを少しは考えるようになった。 将来の夢なんてどうでも良いと ... あいさつもきちんとできていたし、明るく元気に子どもたちと接していたので ... 覇気のない高校生と違い、生き生きした感じがありとてもかわいらしく思える
www.ysn21.jp/e-vision/top_page/genyo/genyo.html

進路のへや
4日は、「第5回 1 Day College」を、高校生全員対象に、3・4時間目に実施 ... 文化人類学から考える出産 奈良女子大学生活環境学部生活文化学科 教授 日本では少子化と言われて、一人の女性が産む子どもの数は1-2人です。
www.hibari.jp/weblog41