ようこそ! 「ニートから脱出しよう」へ

ニートからの脱出法

ニート対策のデュアルシステム

ドイツでは中学校課程を終えると1週間のうち3日間を企業の職業訓練、2日間は職業学校で学習をし、この過程が3年半ほど続けられます。デュアルシステムは政府の掲げる「若者自立・挑戦プラン」では「ジョブカフェ」と並ぶ大きな柱です。このシステムが始まって既に数年が経過しましたが、卒業生にはそれなりの成果が表れているということです。政府のニート対策として、厚生労働者では2004年より「デュアルシステム」を始...

ニート対策〜国の政策

社会問題となっているニートの増加に対し、日本では国をあげてさまざまな政策を行っています。さらに文部科学省でもニートに対する政策を行っています。これはニートに国家公務員の門戸を開き、社会復帰のチャンスを与えようというものです。また既にニートである人やその保護者を対象に、職業教育や学習支援などの「学び直し」の機会を提供しています。 平成17年から始まったこの事業は、卒塾生の就業や進学においてある程度...

ニート対策のキャリメール

個人名を名乗りたくない場合には匿名で相談をすることもできます。東京に設置されている対面相談では、専門の知識を持ったカウンセラーと直接会ってカウンセリングを受けることができます。働く意欲のないニートの増加を受けて、厚生労働省ではさまざまなニート支援を行っています。 若者がキャリメールによって悩みを解決し、労働意欲を失わず、夢を抱いていきいきと働くことができる社会が期待されています。またパソコンや携...

ニートからの脱出法〜まず派遣社員になろう

現代はさまざまな雇用形態があり、働き方を自由に選べる時代です。そこで、まず正社員への一歩として派遣社員になり、社会に関わることから始めるのもよい方法です。しかしニートを脱出するために就職しようと思っても、現実は厳しく、ニートを正社員として採用する企業は少数です。また最近は景気が悪化して正社員より先に派遣社員が解雇されている状況もよく報道されています。 正社員は拘束時間が長く、仕事上の責任が重いな...

ニートには親の教育も大事

子ども自身も自立できず不幸です。こういったことは親のためだけではなく、子ども自身の幸せのために大切なことです。ニートがニートでいられるのは親のお金があるからです。しかしいつまでも子どもに依存されていては親の経済的な負担が減らず、安心して老後を迎えることができません。 ニートの中には裕福な家庭で何不自由なく育ち、成人してからも親から小遣いをもらっている若者が多くいます。そうすることでニートである子...

ニートへの周囲の接し方

安易に「何でもいいから働きなさい」というのは適切な助言ではありません。子どもが前向きに社会復帰できるよう家族は温かく支援しましょう。これは子どものニート予防としても大切なことです。最も大切なことは家庭の中でしっかりと見守ることです。 自分の子どもが働く意欲をなくしニートになってしまったら、親はどう接したらよいか戸惑うでしょう。親にせかされて希望していない会社に就職しても、社内ニートになったり、す...

ニートからの脱出方法

就職活動なら求人誌やネットの求人サイトを見て働きたいと思う会社を探します。ニートを脱出したいと思っていても、何から手を付ければよいか分からないという人もいるでしょう。職業訓練や資格取得に向けての情報収集から始めてもよいでしょう。ある程度条件にこだわることも大切ですが、高望みをし過ぎないことも大切です。 例え就職する意欲が湧いたとしても、何年もニートでいた人は行動に移すことがなかなかできす、気持ち...

ニートと就職活動について

就職活動前には最低限の身だしなみやマナー、礼儀作法を身に付けておきましょう。しかしその気になって活動すれば必ず就職できます。また全国に設置されている「ジョブカフェ」を利用すると一度に多くの情報が得られ、さらに専門家のアドバイスも受けられるため便利です。職務履歴で空白の期間があるニートでは、無職の期間に何をやっていたかということが聞かれるかもしれません。まず就職活動には情報収集が不可欠です。 ニー...

ニート脱出にはジョブカフェを利用

ジョブカフェのよい点は、全てのサービスが無料で受けられることです。診断結果で迷ったり悩んだりした時には、その場で専門のカウンセラーに相談することもできます。また、施設で適性検査や適職診断が受けられることも便利です。 ニートを脱出したいが何から始めてよいか分からないという人は、まず第一歩としてジョブカフェに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。就職した後も、継続して相談にも乗ってくれるため、とても心強...

ニートから脱出するために資格取得

現実に新卒の採用枠はあっても、既卒者の採用枠がない企業も多いようです。受験資格や難易度、勉強方法などを考慮して、自分に合った資格を探しましょう。また努力が実って資格試験に合格すれば大きな自信につながります。長い年月の間ニートであった人は、就職して社会へ出ることに不安を抱えているでしょう。自信によって自分が変われると同時に、就職活動で企業の評価も上がります。 通信講座では厚生労働省がニート問題の対...