ようこそ! 「ニートから脱出しよう」へ

ニートの現状

ニートの生活について

昼夜逆転の生活では誰とも会うことがなく、服装や髪形にも構わなくなります。ニートの生活は一見気楽そうですが、現実には後ろめたさと焦り、不安を抱えています。しかし多くのニートに共通する特徴があります。世間の若者は平日の昼間は仕事か学校へ行っているのが常識であるため、若者が平日の昼間に近所をフラフラ出歩いていると、目立つ上に近所の視線も気になります。 自分が悪い事は分かっているが家族に今の生活を否定さ...

高学歴なニートが増加

ある家庭で、大学を卒業した娘が専門学校へ進学し、その後海外留学をし、また資格試験の勉強をするということが続き、とうとう30歳を過ぎても就職をせず、結婚もしないニートになっているというケースがあります。娘の学歴のためにつぎ込まれてきた親の資金も残りわずかとなり、親は老後の生活ができません。高学歴ニートが生まれる原因に、プライドが高いためになかなか就職できないということが考えられます。また、高学歴ニ...

ニートの社会的問題

ニート問題が取り上げられるようになり早数年が経ちましたが、ニートの増加はどのような影響を及ぼすのでしょうか。実際にイギリスではニートによる薬物乱用や犯罪が増加しています。親に養ってもらえるうちはまだよいですが、親がいなくなった後には生活保護を受ける立場にもなりかねません。もう一つには税収の問題があります。 社会への影響ばかりではなく、ニート本人の将来へも大きな影響を与えます。ニート期間が長いほど...

ニートと年齢

中年者は一度ニートになると、よほど資格や特技がない限り、就職は厳しいのが現実です。家族に経済的に頼れないとなると、生活は苦しくなっていきます。中年ニートは若者以上に深刻な問題です。そのため、若者ニートは中年になる前にニートを脱出することが望まれます。 中年ニートには若者ニートから移行してきた人もいれば、中年になってから離職した人もいます。このような中年者は一部で中年ニートと呼ばれています。また配...

ニートと家事手伝いとの区分

時代が変わり、現在では家事手伝いは裕福な家庭のステータスのように捉えられることもあり、本来の意味合いは失われつつあります。厚生労働省の定義では、実際に普段の生活で家事を行っている場合はニートではないと定義されていますが、内閣府によれば家事手伝いもニートに含むとしています。ニートと区別が難しいものに家事手伝いがあります。 日本ではこれまで学校を卒業したら就職して経済的に親から自立をし、国に税金を納...

女性ニートについて

テレビや新聞で取り上げられるニートは男性がほとんどです。しかし家事を手伝う必要がなく、ただ親に依存しているだけという若い女性ニートも少なくありません。現代は男女雇用機会均等法によって、女性が男性と同じように社会に出ることは当たり前になりました。また別の調査では若者無業者数は男性が女性より多いという結果になっています。 ニートは働く意欲がない若者という否定的なイメージがあり、若い男性を思い浮かべる...

ニートと現在の不況

現在もまた世界的な景気の悪化により、就職難が訪れています。しかしその後バブルが崩壊し、景気は急激に悪化しました。さらに新卒しか採用しない企業が存在することもニートの増加の要因の一つです。ニートは就職難と深い関係があります。 社会や企業の努力によって、ニートになる若者を増やさないことが求められます。日本の景気は絶頂期で、企業では事業拡大のために大量に学生を採用し、就職はそれまでにないほどの売り手市...

ニートではなぜいけない?

学校でしっかり学んだ後は社会活動に参加し、恩を返すことが人としての義務と考えられていたのです。ニートは収入がないため経済的に両親に依存することになります。経験や職業能力のないニートはそのまま年齢を重ね、将来的に所得格差を増大させることが考えられます。また各家庭においてもニートの存在は問題です。 近年、日本ではニート問題が頻繁に取り上げられるようになりました。このように、ニートは家庭や日本社会の維...

ニートが関係する引きこもり

引きこもりとはある一定の期間を超えて、社会に出ることがない状態をいいます。ひどい場合には自分の部屋からほとんど出ない人もいます。ニートは就業や就学の意欲がありません、これに対し、引きこもりは仕事や学校に行きたいが行けないのです。また、その期間は半年ほどから10年以上の長期間にわたる人もいると言われます。 意欲があるのに出来ない、なんとかしたいのに出来ないという状態で、1つの精神疾患とも考えられて...