ようこそ! 「子育て悩みストレス解消法」へ

子供はわがまま

子供の食事

無理には食べさせず、自分から食べられるようにしてあげましょう。すぐには無理でもいつかはたべられるとして気長に接しましょう。コミュニケーションの場となります。子育てとして躾けておければ大きな財産となります。癖が強かったり、食べなれないものはどうしても苦手にしがちになります。けれどあれこれ工夫しているのに、食べてくれなかったりすれば、どうしてもストレスとなってしまうものです。 食卓は家族の基本となる...

弟や妹が誕生した時

少し行動がおかしいなと思ったときは、気がついたときに思いっきり慰めてあげてください。だから下の子の誕生に対して、ぐずったりわがままになることは、心の中にたまった不安を吐き出すという、子供にとってのストレス発散法なのです。お母さんにおなかをさわらせてもらったり、耳を当てたりして、赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにしている気持ちは本物です。 お母さんの愛情を肌で感じたとき、下の子の存在を認め、お兄ち...

子供がかんしゃくを起こしたとき

子供は、してはいけないことを知っていて、やっている場合が多いのですから。立派なお兄さんやお姉さんになる自信がない、ママといつも一緒の赤ちゃんのままでいたい、という甘えの気持ちです。このとき、「それをやってはいけないんだよ」。と言う必要はないと思います。 子供は苦しい気持ちをわかってもらえると、一時的に大暴れするかもしれませんが、そのうちに甘え泣きするでしょう。子供はこの二つの気持ちに揺れてしまう...

自尊心を育てる

繰り返し注意をし、規則を内在化させるという永続的な根気の必要なものです。切れる子供が増えている、とはよく聞きます。そのため、「切れる」ことをさせないと言われているのです。その中でも自尊心を育ててあげる事が、効果があると言われています。そればかりに傾向が傾きすぎると自己否定や自責感情ばかりが育ってしまいます。自分自身を信じられる感覚と言ってもいいでしょう。 巣立たせるための子育てを心がけましょう。...

子供に無視された時

いつか子供は、親が自分をコントロールしようとしていることに気づきます。こういった冷え切ったコミュニケーションが続くと、「今日は学校で何をしたの?」といった、ごく普通の会話にも影響が出てきてしまいます。たとえば、無理矢理言うことを聞かせようとしたり、子供の言うことにすぐに「だめ!」と強く批判するときです。しかし、そんなときこそ真剣に子供と向き合って、お互いに人間性を認め合いながら、話をすることが大...

わがままな子供の子育てストレス

むしろ、こうしたことは大切にした方が良いものです。こだわりは幼いながらも「主張・主義」なのです。時として、やけに妙なこだわりを持つ子供がいます。無理にこだわりを潰そうとすれば、理解されない悔しさと止められる悔しさで子供なりの自尊心をかけて反抗されます。こうした子供の子育ては尋常じゃないほどストレスがかかります。 子供の感性や資質はいろいろで、親と同じ感じ方をするとは限りません。親の基準にあわすの...