ようこそ! 「子育て悩みストレス解消法」へ

子育てに父親も協力しよう

共働きでの子育て悩み

共働きの悩み共働きとなると、大事な子供は保育園などへ預けないといけませんね。ずっと家で子供と二人っきりでいるほうがストレスになる、というお母さんは、外で働いて気分転換したほうが良いでしょう。きっとそのほうが気持ちがすっきりし、もっと子供にも優しく接することができると思います。そして、少しでもいいので子供と遊んであげたり、抱きしめたりスキンシップをたくさんとって、楽しい時間をつくってあげましょう。...

お父さんも子育てに協力を

お母さんだけに、任せている方は多いと思います。子供が大きくなるにつれて、体を使った遊びに興味をもち始めます。そうすれば、お母さんの大変さが分かるはずです。そうなると、お母さんが相手をするのは大変になってきます。一言だけでも、お父さんに言ってもらえるだけで、育児の疲れも吹っ飛んでしまうでしょう。そして、また明日からがんばろうという意思が湧くのです。 お母さんは、1日中子供の相手をしてクタクタなはず...

子育てによる母親のストレス要因

心身に辛さを感じていても、家事や仕事などは一応こなせるので周囲の人には気づかれない程度のうつ状態です。脳の使いすぎでちょっと弱っていると考えれば良いでしょうか。無理して溜め込むのは止めましょう。それでなくとも子育てにはストレスがかかっているので、中には自分がうつになってしまっていると気がつかない人もいます。 うつは心の風邪のようなものです。うつ病とまではいかなくとも、そのまま症状が悪化すればうつ...

子育てにはスキンシップが重要

赤ちゃんはとても安心でき、自分は大切にされ愛されている、と感じることができるのです。子供は、お母さんが喜んでいる姿にとてもうれしくなり、もっとがんばってみいようと意気込むのです。赤ちゃんが泣くのは、甘えたいときや自己表現を表すときです。大切な赤ちゃんをいっぱい抱っこしてあげて、笑顔でたくさん話しかけてあげましょう。また、眠いときや、おなかがすいた時などに泣くだけでなく、さみしい時や抱っこして欲し...

子供がお父さんになつかない時

お父さんはむしろ、怒らなくて優しい人、というイメージで子供は見ていることが多いようです。昔は、一家の大黒柱として威厳をもった父親、という存在でしたが、今では子供を叱るのは、ほとんど母親の役割となっているようです。外に仕事に行っているため、あまり交流する機会が少ないのに、家庭でもお父さんのことが話題にならないと、自然と子供もお父さんを遠ざけてしまうことが多いのです。とお父さんの話を聞かせたり、お父...

産後の夫婦仲が原因

子育ては夫婦でやるものです。しかし、産後の不安は妻だけのものではありません。そのためには夫婦で2人きりの時間を持つこともまた重要です。それでなくとも妊娠後期から性交渉が途絶えるものですし、産後1ヶ月は、女性は出産からの回復のため、性交渉は出来ません。しかし、現代においてはそうもいかない場合も出てきてしまいました。 子供への愛情で夫婦仲が円満となると言う意味です。夫婦そろってうつになるなんて、子供...

父親も子育てに参加しよう

お父さんとして子育てを楽しみましょう。やろうとしてもストレスになるだけと諦めてしまっている人もいるようです。それに料理が出来なくとも、配膳や後片付けを子供たちと一緒に手伝ってみてはどうでしょう。なにより子供たちとの信頼関係も築けます。例えば食事を一緒にとるなども大切なことです。 「お母さん」だけでなく「お父さん」も子供たちの中に作ってあげましょう。そのためにも夫婦のコミュニケーションは重要です。...

子供の前で夫婦喧嘩は禁止

子供の前での夫婦喧嘩子供の前で、夫婦喧嘩をしてしまうと、子供になんらかの影響を与えてしまいます。「この子は平気そうだから大丈夫」とそのままにしてはいけません。また、お父さんとお母さんが、冷静に考えられるようなったら、喧嘩はしないように話し合うことが大切です。もし、思わず喧嘩をしてしまったら、あとで、しっかり子供を慰めてあげることが大切なのです。それによって、不安だった気持ちを、外に吐き出すことが...