ようこそ! 「子供用携帯電話の賢い与え方」へ

子供携帯の重要ポイント

子供用携帯料金プラン(2)

携帯電話の料金設定は、各社色々なものがあります。特に中学生や高校生になると、通話だけではなく、ダウンロードやネットサーフを頻繁にするようになり、ますます携帯料金がかかってきます。子供に安心な携帯料金プランは?(2)子供に携帯電話を持たせる時って、毎月の料金が気になりますよね。基本使用量の安い、auの学割にこういったネットの制限をつける方法が一番良いかもしれませんね。ドコモのタイプリミットは、上限...

ココセコム(2)

ココセコムは、子供に万一のことがあった場合、GPS機能で位置確認して、セコムの緊急対処員が対処してくれるといった特徴がある携帯防犯グッズです。子供の防犯対策グッズとして人気のあるものに、「ココセコム」があります。子供に携帯電話を持たせてはいるけれど、帰りが遅いとやっぱり不安で・・・という人には、対応できる機種は限られていますが、後から携帯電話にココセコム機能をつけることもできますよ。 犯人を刺激...

子供携帯電話〜事前にトラブルを防ぐには(2)

不特定多数の人に個人情報を漏らしてしまうことは、とても危険なことです。子供が被害にあうことがないよう、携帯電話を持たせる前に十分にその危険性を話しておきましょう。また、インターネットを利用していると、危険なサイトにアクセスするつもりはなくても、何かのはずみにアクセスしてしまうということもあります。知らないアドレスへの返信も危険です。 ・知らない電話番号に掛け直したり、知らないメールに返信したりし...

子供携帯電話〜プリペイド式

月割りすると、高くても1500円程度で携帯電話が持てることになりますね。プリペイド携帯電話の欠点、利点を良く考えた上で、子供に持たせる携帯電話として検討してみてくださいね。普通の携帯電話では、毎月基本料金を支払い、プラスして通話料金を支払うといった形式ですね。各携帯電話会社により異なりますが、カード1枚分入力すると30日から90日間通話ができます。 プリペイド式って聞いたことはあるけど、どういっ...

子供用携帯料金プラン(1)

初めて携帯電話を持たせる場合におすすめですよ。どういったものかというと、基本使用料とau同士の通話と固定電話への通話が半額になるというプランです。実際、1ヶ月に5万以上もの請求書を受けとり、お店に駆け込んでくる親御さんも少なくないようですよ。学生用プランといえば、auの学割がありますね。 auのワイドサポート、ドコモのファミリーワイドは、シニアとキッズなら基本料金が月額1575円で使用することが...

携帯電話とPHSの違い

携帯電話とPHSの違いをご存知ですか?意外にはっきりとした違いは分からないという人は多いのではないでしょうか。回線数が少ない分、コストも安く済みます。大きな違いは出力の違いです。マンションの屋上などの広い場所を利用して設置されています。小出力のPHSは、アンテナをたくさん作らなくてはいけないのですが、4?8程度の回線数で済むため、PHSのアンテナはとってもコンパクトで、電柱や駅、電話BOXの上な...