ようこそ! 「子供学資保険」へ

学資保険とは

学資保険に加入する時期

上に挙げたのはあくまで理想的なパターンですが、もし子供が生まれてから学資保険に加入するとした場合、何歳まで加入できるのでしょうか。現在では、なんと子供が生まれる前から加入できる学資保険もあります。その理由として、加入時期が早ければ早いほど返戻率が高くなることが一つ。また早く入れば月々の保険料の負担を軽減できるので、毎月の保険料の支払いが楽になるということもその要因の一つです。 各保険会社やプラン...

保障型学資保険とは

ただデメリットとして、保障が充実している分だけ保険料が上乗せされて、元本割れすることがよくあるということが挙げられます。どういう保障があるか、具体的に言うと、まず保険契約者である親に万一のことがあった場合に育英年金というものが満期になるまで受け取れます。前回は貯蓄型の学資保険について述べましたが、今回は保障型の学資保険について述べようと思います。育英年金とは、保険契約者である親に死亡保障が付いた...

貯蓄型学資保険とは

学資保険と貯蓄学資保険は貯蓄性の高い生命保険です。では学資保険と貯蓄との差はいったいどういうところにあるのでしょうか。貯蓄の場合は積み立てた金額は積み立てた分より下がることはありませんが、学資保険には元本割れの可能性があるのです。 貯蓄を選ぶか、学資保険を選ぶかは、それぞれの家庭の保障がすでに充実していて、投資的側面を目的とするか、もしくは、多少投資としては金額が落ちても、保障を充実させたいか、...

学資保険への加入は必要か

なぜかというと、学資保険にはさまざまなプランやタイプがありますが、どの家族にも必ず一つは合っているプランがあるとは限らないからです。その代わりに、貯蓄やその他の運用などを考えるのも選択肢として考慮することもできます。時には他の選択肢(例えば貯蓄など)が有効である可能性も十分考えられます。というか、子供の医療保険について言えば、掛け金の安い共済などで十分な場合もあるでしょう。 学資保険の必要性学資...

学資保険の税金とは

具体的に言うと、満期保険金と祝い金を受け取る際に税金として所得税がかかるのです。これも考えようによっては、学資保険金のデメリットと言えるかもしれません。以上の計算で求めた一時所得を半分にした部分が課税対象となります。また「総収入金額」から「収入を得るために支出した金額」を引いた額(特別控除額)が、学資保険の場合ですと支払った保険料の値によって変わってきます。 先ほど税金がかかることは学資保険のデ...

学資保険とは

中には満期給付金の額が、支払った保険料の総額を下回ることもあります。では、学資保険とはどういった保険なのでしょうか?簡単に説明すると、学資保険とは、親が契約者となり、子供の将来の教育資金のために積み立てる保険ということです。学資保険について学資保険は、生命保険の一種として分類されている保険です。 ですので、学資保険を選ぶ際には十分な比較検討が必要です。これだけを聞くと、そういったオプションがたく...